トイレが詰まったら、すぐに修理が必要です。毎日使う所になりますので、なるべく早く解決したい事です。そこで解決方法には2つあります。

トイレが詰まったら、自分で直すか業者に依頼するかのどちらかです。いくらくらいかかるのか?ここではこの2つを比較してみました。

トイレの修理の作業中

どちらにするか選ぶ前に

トイレの詰まりはトイレットペーパーが詰まって発生することがほとんどです。これ以外の物を流してしまいトイレが詰まったら、自分で行うという選択より、業者にお願いするという選択の方が、時間と費用を考えると賢い選択になります。

自分で行う方法はいくらかるのか?

この場合、必要なものと言えば、ラバーカップ約1,000円程度(別名スッポン)とパイプブラシ約1,000円縲・,500円程度、重層200円程度になります。

どれも、ホームセンターやスーパーマーケットで購入できます。トータル役3,000円程度でトイレの詰まりを解決できます。

業者にお願いするといくらか?

専門の業者さんにお願いすると、約5,000円縲・,000円が基本料金、相場になります。これに修理や交換が必要となる箇所があればさらに部品代や修理代がかかります。

業者によっては、出張費や深夜料金、早朝料金が含まれることもあります。

どちらがいいのか?

業者にお願いする場合、完全に直すことができます。しかし、費用がかかります。自分で解決する方法は、費用はかからず済むかもしれないということがあります。

判断材料・トイレ詰まり https://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/water/column/2554

どちらがよい方法かどうかは状況次第ですが、まずは自分で試してまて、業者にお願いするという方法がベストな方法です。

ここも考えてどちらがベストか?

詰まりが直るまでの時間です。費用がかからないから自分で直す方法を選んで、なかなか直らない時は迷わず業者にお願いする事です。

労力を時間を考えるとその方がベストな選択になります。